看護師の転職は最近、増えています。 一時、看護師の待遇が悪いと問題になった事もありましたからね。 一時より待遇が良くなった病院は多くなりましたが、それでも待遇が悪い病院はまだたくさんあります。 それに一つの病院だけではマンネリ化するから他の病院に転職しようと思っている看護師もたくさんいますね。 病室担当の看護師から手術室の看護師に転職したいと思っている看護師もいます。 逆に手術室から病室へ担当が変わりたいと思っている看護師もいますね。

看護師求人はいろいろな所で探せます。 ハローワークや求人情報誌でも探せます。 しかし、それほど多くの求人があるわけではありません。 良い看護師求人を探すのならインターネットからが良いですよ。 インターネットの看護師求人サイトにはたくさんの病院が求人を出しています。 多くの病院が求人を出していますから看護師の登録も多いです。 手術室の看護師求人を探すのならインターネットの看護師求人サイトが良いですよ。 ハローワークや求人情報誌でも募集はしていますが、数は少ないです。 特に手術室となると探すのにも苦労します。 でも、看護師求人サイトなら違います。

看護師求人サイトなら自分が良いと思う求人はハローワークで探すよりも見つけやすいですね。 良い求人を探すのなら看護師求人サイトに登録するのが良いです。

コメントは受け付けていません。    Read More   
Posted on 07-06-2014
Filed Under (その他) by ctw

友人の看護師。
ハローワークの求人を見るのが日課のようになっています。
あまりにも毎日見るものだから、新鮮味が全然ないそうです。
それでも看護師の求人ってそこそこ出ているらしく、でもあまりぱっとするものはないらしいです。
それで今のところは人間関係もいいし、好きな時に休ませてもらっているし、いっか、ということになるらしいですけどね。
でもそれだけハローワークで見てもパッとしないなら、別の方法も考えてみればいいのに。
例えばツアーナースの求人を見てみるとか。
そしたら一応登録型のものには登録したことがあって、今でもそこから問い合わせはあるのだとか。
そこでの仕事をしたことがないのだけど、でも定期的に連絡はあるのだそう。
それだけ看護師不足ということなのかもしれませんけどね。
確かに看護師さんっていればいるほどサービスが行き届いていいだろうし。
それに保険診療にも関わってくるんでしたっけ?
看護師さんの数も限られているわけだし、確保するのが大変ということもあるのかもしれませんね。
さて、友人は転職をするんだかしないんだか、本気度がわかりません。

コメントは受け付けていません。    Read More   
Posted on 06-05-2014
Filed Under (その他) by ctw

昨年ちょっと収入がいい時期がありました。
月収が旦那の倍くらいあって。
そのときに引っ越しをしたりしたから、それでお金を使ってしまっていて。
引越しで必要なものも全部買ったから、さあこれから貯金ってときに、収入が激減してしまって。
今はがんばってそのときの半分くらいだもんね。
収入がいいときに旦那に両ワキの永久脱毛してもいい?って聞いていたのにね。
もしお金が大丈夫ならどうぞ、といってもらっていたけど、今はお金が大丈夫じゃないもんね。
あのお金のあるうちにやっておけばよかった、といまさらながらに後悔しているけど。
これからあのときの収入になるなんてことはなかなかないだろうな。
ちょっとずつ仕事が持ち直してはきているけど、あのときのようないけいけな感じにはならないだろうし。
まああのときはちょっと調子に乗っていた部分もあるから、これからはこういうこともあると気を引き締めないといけないということなんだろうけど。
もしまた収入に余裕ができたら今度こそ脱毛しようっと。
それが永久脱毛になるか、普通の脱毛サロンに行くかはそのときの収入次第だけどね。

コメントは受け付けていません。    Read More   
Posted on 13-04-2014
Filed Under (その他) by ctw

  今月8日に「炎の料理人」である周富徳さんがなくなったそうです。

フジテレビの「料理の鉄人」に出演して、本当にいろいろな中華料理を披露してきましたよね。

 中華料理を作るには、少しやせ過ぎた体のようにも思うのですが、あの料理を説明するときの、笑顔が良かったですよね。

 番組で有名になり、全国各地に、彼の写真を飾った中華料理店ができました。私も何度食べに行ったことか!

 うん、彼の死は、本当に残念ですが、でも、彼の味は、こうしてお店に引き継がれていくんですものね。あそこのエビチリは、更年期障害でしんどい時でも、ぺろりと食べられちゃうんですよねぇ!

 あそこの店に、娘といったとき、「嫁に行くまで、この味を習得する!」と言われちゃいました。 

私の味じゃあないのね・・・ そう、私も母親なんだから、子どもに引き継げる味を持たなくちゃいけないなぁ。でも、娘が私の手元から離れるのも、おそらくそう先ではないはず。今から少しずつ、先ず私が技術を研がなくちゃ。自慢できるのは、味噌汁だけなんだよねぇ。

 エビチリがうまく作れるよう、周さんに教えてもらっとけばよかったなぁ。

コメントは受け付けていません。    Read More   

  乗客乗員239人を乗せてマレーシアのクアラルンプールから中国の北京に向かっていたマレーシア航空のボーイング777型機が8日未明に消息を絶ったそうです。
 マレーシア航空によると、このMH370便は、離陸から約2時間後のマレーシア時間午前2時40分(日本時間同3時40分)ごろ消息を絶ったそうです。ベトナム政府の発表によると、カンボジアと国境を接するベトナム南端のカマウ省の空域で、ホーチミン市の航空管制に引き継ぐ準備をしていたときに同機と連絡が取れなくなったのだとか。
 マレーシア航空は、行方不明になった航空機から救難信号は出されていなくて、悪天候などのトラブルに遭遇したことを示す情報もないというのです。同航空によると、同機はマレーシア東岸から約150キロメートルの位置にいるのが確認されたのを最後に消息を絶っているんですって。
  マレーシア航空によるとMH370便には乗客227人、乗員12人の計239人が乗っていたそうです。国籍は中国が153人、マレーシアが38人、インドネシアが7人、オーストラリアが6人、フランスが4人、米国が3人など14か国にわたるそうです。

 どうしちゃったのでしょうね。管制を引き継ぐときってことは、墜落とかではなく、どこかを飛んでいる可能性もあるってこと?でも、このままでは飛行場の降りることができないよね… もしかして、テロの可能性もあるのかしら?でも、これらの国を考えると、それもあまりないかなぁ。

 この消息たどるのって、もしかしたら浮気調査よりも難しいかもね。

 なんとか、無事に着陸してほしいですがね。

コメントは受け付けていません。    Read More   

今晩は、ソチ・オリンピックのフィギュアスケート男子フリーがあります。なにせ放映は夜中2時から、日本選手がすべるのは午前3時ごろから。寝落ちしないように、計画立ててそれまでを過ごさなきゃ。そして翌日(当日?)、昼ごろとはいえ外出する用事があるので、寝坊しないように気をつけなくちゃいけない。

それにしても、また大雪。先週、停電になったところもあるし、今度もそんなことにならないことを祈る。テレビ中継を見ることができないのはもちろんだけど、それ以前に寒いって!

フィギュアスケートを続けるのってお金がかかるらしいですね。高橋大輔選手も続けるために、お母さんの勤める近くの美容院で『大ちゃん募金』というので応援募金をつのっていたんだとか。今すぐお金を借りるという状況になったことはなかったんだろうか。続けることができて本当に良かった。羽生結弦選手も宮城で被災して、練習が思うようにできない時期もあって、今はカナダを拠点に練習しているけど、ここに至るまでにいろんな応援があったんだろうな。

自分ひとりですら満足に食わせられていない現在、子どもを育てるってタイヘン、とつくづく思う。

コメントは受け付けていません。    Read More   

レーシックというコトバはかなりポピュラーになったと思うんですが、その内容についてはよくわかっていないという人が多いんじゃないでしょうか。

なんとなく、角膜を削って焦点を合わせるというイメージはあるんですけど。

フラップを作るとか、フラップを作らないで手術する方法もあるとか、どこにリスクがあるのかよくわからなくてレーシックの誤解をしている人も多いと思うんです。

わかりづらくしている原因のひとつには、各クリニックによって手術の名称が違うことです。ホームページを見比べていても、わからなくなってくる。まったく術式が違うのか、機械の違いによるのか。こっちのアタマが悪いだけかもしれないけど、アタマの悪い人にも理解できるように、基準を統一してほしい。「自由診療ですから。」と言われればそれまでなんですが。

レーシックを受けたある医大生の手記を読んだけど(こちらは満足している例)、この人は2箇所のクリニックで計4人の先生に話を聞いて、納得したクリニックで受けたらしい。医大生ならではの質問とそれに対するお医者さんの答えで、なるほどーと思ったことも多かったです。専門にやっている人は質問するべきこともわかるんだろうけど、シロートは何を質問したらいいかすらわからないから、そういうところまで説明できるお医者さんがいるところが望ましいですね。

コメントは受け付けていません。    Read More   
Posted on 20-12-2013
Filed Under (その他) by ctw

少し前にちょっとしたことで実の姉と仲たがいしてしまいました。実家で住んでいる時もそれほど仲が良かったわけでもなく、会話もほとんどなし。暇があればけんかばかりしていたんです。お互い成人し、ふとしたことでまた連絡を取り合うようになり和解できたかのように思っていました。でもやっぱり駄目だなって今回のことでわかりました。

きっと本質的な相性が違いすぎるんだろうと思います。こればかりは実の姉妹でもどうしようもないんですかね。巷で当たるらしい電話占いで相性でも占ってもらおうかなって感じです。血縁関係でもここまで相性が悪すぎるとちょっと辛いですよね。私にとって唯一の味方と思っていただけにさすがに涙が出てきます。お互いに結婚し子どももいることだし、今までの隙間を埋めてくれるかなとも考えていたんですが、無理そうです。

でもそんなお互いの家庭があるからなおのこと、もう今まで以上に心の隙間が空いてしまったのかもしれません。別に執着するつもりもないんですが、やっぱり味方は多い方がいいなって思うからどうすればいいのか聞いてみたいんですよね。うまく姉妹として、また同じ母としてつきあっていくにはどのように接していけばいいのか、もしくは始めからそういう仲なので干渉しあわない方がいいものなのか。ランキングも公表されてるようだし、参考にしながら悩みにあった占い師見つけて相談してみようかな。

コメントは受け付けていません。    Read More   
Posted on 13-11-2013
Filed Under (その他) by ctw

急に寒くなってきましたね。今日は子供たちの遠足でした。

昨晩からお弁当の下ごしらえをしていたので今朝は楽チンでお弁当作り。

いつもはおにぎりとか多かったんですが今回は「三色そぼろ」にしました。

帰宅した際に子供たちに聞いてみたら「とても美味しかったし完食したよ」と

言ってくれました。嬉しいですよね。
先日は小学校で視力検査があったようでした。

最近はゲームなどの影響で視力がガタ落ちの子が多いので

うちもその部類になるけれど極力、うるさくは言ってきましたが

結果の用紙をみて自分が思っていたほど悪くは無かったので内心ほっとしましたね。

旦那さんのお母さんは70代後半ですが昨年、目の手術するとかいってましたね。

以前からそのような話は聞いてましたけど近所の人とか結構良いよって

薦められていたようです。レーシックみたいですが、

巷よく聞く言葉なのですが私自身、普段コンタクトなのであまり知らなかったんですが

サイトで検索すると品川近視クリニックというホームページみてました。

なるほど色々なやり方があるんですね。義母にその後の経過聞くと

クリアによく視えるようになったと言ってましたよ。

コメントは受け付けていません。    Read More   

コンタクトレンズとレーシック、どちらも危険性はあります。

コンタクトの危険性は、コンタクトレンズで角膜の表面を傷つけることで、感染症にかかることです。

特に問題になっているのが、『アカントアメーバ角膜炎』や『角膜潰瘍』。

アカントアメーバは、50分のミリほどの単細胞生物の一種で、感染すると白濁失明になり、とても危険だそうです。

コンタクトレンズは酸素不足になりやすく、角膜内皮細胞が死滅すると、失明の危険性が出てくるんだそうです。

さて、ではレーシックの危険性。主に、手術後の合併症や後遺症で、まぶしい・異物感・涙が出る・痛みなどの角膜刺激症状、フラップに伴う合併症、レーザー照射のずれ、角膜エクタジア(角膜を削りすぎ、眼圧に負けて乱視やゆがみが生じる)、ハロやグレア(瞳孔の調節がうまくいかず、夜の蛍光灯の光や車のライトなどがまぶしく感じたりぼやけたりする)、ドライアイなどが挙げられます。

どちらがいい、悪いは一概に言えませんが、裸眼で過ごしたい、毎日のケアが面倒くさい、維持費をなくしたい、と思う人は、レーシック向きかもしれません。

SBC新宿近視クリニックのホームページには、レーシック手術前のコンタクトレンズの一定期間使用制限について掲載されてますが、それによると、ソフトコンタクトレンズは検査日・手術日の3日前から、ハードコンタクトレンズや遠近両用コンタクトレンズでは2週間前から、トーリックソフトコンタクトレンズ(乱視用)は1週間前から、その他、コンタクトレンズの種類によっては、1ヶ月前や3ヶ月前から装着を中止する必要があるそうです。

最適な治療を受けるには、角膜がキレイな状態で検査や手術を受けることが不可欠だから、ですね。

コメントは受け付けていません。    Read More